Location: Bowdoin / Japanese / activity / 2013 / Kim Lacey '13 - Japanese Essay Contest organized by the Consulate-General of Japan in Boston

Japanese

Kim Lacey '13 - Japanese Essay Contest organized by the Consulate-General of Japan in Boston

Story posted May 13, 2013

Kim Lacey '13 won the 3rd place in the Annual Japanese Essay Contest organized by the Consulate-General of Japan in Boston in March, 2013. Kim competed for the Advanced Division by the given theme of “私にとって日本とは,”(What Japan means to me.) Kim’s essay was titled, “私の心を支える日本”(My Heart’s Support, Japan)

In the essay, Kim looks back on her life and notices how her perception of Japan changed over time with her unique personal background. She especially focuses on her experience with Japanese language at Bowdoin, and while she was studying abroad in Russia, as she gives several example of moral support she received from Japan in times of troubles. Towards the end of her essay, she reflects on the devastating 2011 Tohoku earthquake. While visiting Japan during the summer of the following year, Kim witnessed a strong bond among Japanese people and the warmth and passion of the community for revival. To Kim, this was not merely a vacation but an important opportunity to reexamine her life, which motivated her to pursue her dream as a diplomat in the future.

When Kim decided to apply for the essay contest, her first drafts were lacking her own unique voice. With insightful feedback from her teacher, Professor Numata, she went on revising her essay more than ten times to reach the final form. The essay shows Kim’s desire to move forward after graduation as she will be working as a CIR for the JET program in Japan.

私の心を支える日本

ボウドイン大学四年

キム・レイシー

子供の頃の私は、日本という国が今の私にこんなに特別な存在になることを、想像できただろうか。私は韓国生まれで約十年間そこで過ごしたわけだが、日本は近くて遠い国だった。今でも日韓の過去にあった歴史的な出来事から、反日感情を持っている人も少なくないと思う。しかし、韓国に住んでいる間は、局外に立って考える機会がなかったことにアメリカに来て気づいた。だから、過去に執着しとらわれて生きることに何の意味もないと思うようになった。

地味とも呼べる私の人生が徐々に変わってきたのは約三年前のことだ。突然日本に興味を持ち始め、日本のすべてが好きになった。いつのまにか日本が私の日常の一部となった。中でも特に音楽は、昨年ロシアでの生活を支えてくれた。ひどく弱気で孤独を感じるたびに、GReeeeNやAKB48の音楽が私の心の支えになった。「誰かのために」という曲が震災後の日本を元気づけたように、「夕日を見ているか」は私に勇気をくれた。「今を受け入れること、進むこと教えてくれる。それなりの今日が終わり、すべてリセットする夜が来るよ。」という歌詞は、この上なく胸に響き、暗闇にいた私に希望を持たせてくれた。そして、留学を終え、とうとう夏休みに日本に行く日が訪れた。ロシアでも大地震についてのニュースを聞いていたが、実際に震災復興のため被災地に見舞い金を送る人々やコンサートをする有名人、そして何よりも、逆境と戦って頑張って生きている日本人の姿を見られたこの夏休みは、ただの旅行ではなく、深い意味を持ち、大切なことを教えてくれた。

 このように、私にとっての日本とは私が生きていくために必要な存在だ。大学卒業を控えた今でも、日本で感じた人々の優しさや強靭な精神力は私の心の中に残っている。将来、外交官として日本など様々な国々とアメリカの相互の信頼関係を支える国際人になりたいと思っている。そのためにも日本で学んだことを忘れないでいたい。